「送る人、送られる人の想いが集う“大切な場所”に」
それが、私共「セレモニートーリン」の一番の願いです。

トーリンからの最近のお話

  • 2021年2月NEW
     子は親の背中を見、親からことの善悪を教えてもらい大人へと育っていきます。さて、私達大人は、どうでしょう?
    指標とすべき国をつかさどる私達を引っ張っていってくれる偉い方々、ことに最近は言動が伴っていないです(勿論一部の方ですが)このコロナ禍に於いて統制が取れずバラバラな感じを受けます。

     ひどいと思ったのは、自粛の中、銀座に繰り出しその言い訳が真っ赤な嘘、離党はされたものの辞職はしないと・・・
    おまけに何故女性の同行があったのかの質問に「コロナ禍で気の毒だから」と、もう本当にこの方々何かお偉い方のようですが、本当に世の中が見えていますか?きっと知らぬ振りでしょう。

     自分のこと並びご自分の家族をも省みず現場と戦っておられる医療従事者の方・仕事がなくなり食事に事欠いておられる方・もっとしっかりと心の目をひらき現実と向き合って頂きたいです。

     でも、この方々も私達国民が「この方ならば」との思いで選んだ人たちです。先生と呼ばれることにより何か特権意識を持っていませんか?勘違いもはなはだしいです。先生という定義を調べてみました。

    『指導や教育をしてくれる尊敬に値する人物』

     人間ですから失敗もあり、個々考え方の違いもあるでしょう。でも、この時期クラブやキャバクラ通いは駄目でしょう。

    それが公費でないことを願います。
  • 2021年2月NEW
    セレモニートーリンでは、J:COMでもおなじみの富山社長が毎日の出来事をブログ更新致しております。葬儀業界に殴り込み!正直に誠実に!トーリンのことをもっと身近に感じていただけることが私どもの励みになります。ユーザー様のお時間ございましたら、どうぞご覧ください。→ブログはコチラ

様々な宗派・斎場に対応いたします