「送る人、送られる人の想いが集う“大切な場所”に」
それが、私共「セレモニートーリン」の一番の願いです。

トーリンからの最近のお話

  • 2021年12月NEW
    オミクロン株!
    「コロナ」さんもう人間社会を攻めるのは、諦めてくれませんか?
    10月後半から感染者が下降状態に入り、何ヶ月ぶりに親しい方々と会うことが出来、どんなに嬉しかったことか。
    私達の年齢になると、いくら平均寿命が延びたといえど先はそんなにないです、今の状況では感染力は強いが重篤にはならないと聞きますが、まだまだ症例も少なく重篤にならないということは時季尚早だと聞きました。

    岸田総理、早い目の水際対策はいい決断だと思います。
    それにつけて横槍の言葉に振り回されることなく貫いて頂きたいものです。選挙の時にご自分の長所は、人の意見に耳を傾けることと仰っていましたが片一方の言葉だけでなく両方の意見をしっかり受け止めて頂き、重要なのは何か見極めて頂きたいです。

     ある雑誌のコラム欄に「理想のリーダー像」が掲載されていました。
    いき詰まった時、自分の立場を脱ぎ捨て同じ線上に立ち皆の意見を聞き取る。その中には、何?!っという意見があるようです。
    自分の立場を利用して自分に不利=辛口な意見は封じ込める。
    これでは、伸びる資質もつぶすことになりかねません。
    強いては国のなり社会なりの発展は望めない・・・と。

     コロナにて国の財源が困窮し国民一人当たりの借金が970万位、
    それに反し直近の問題として都議員の不始末・文書交通費・新潟の選挙費用3000万!
    3000万、費用がかかってもそれだけの見返りがあるということでしょうね。
    これも何かで見ましたが、現在の議員さんはサラリーマン化、しかも高給取りのボランテイア精神の方は中にはおられるのでしょうが、「桜をみる会」といいあまりにも問題の多さに呆れるのと何も解決できていないのにも不信感を抱いてしまいます。

    この財源が困窮している中、所得が960万以下(子供二人、扶養家族の収入が103万以下)の世帯に18歳以下の子供に一人当たり10万円の給付の案が出ています。
    960万だったら月80万円の収入ですよね、時代が違うかも知れませんが私達の時代同じ家族数で家のローンを抱えながら収入は半額ぐらいだったのではないでしょうか?
    おまけに老後に入り、老後資金2000万円といわれています、唯一の収入源の年金は年々目減りしていっています。
    老人>子供の対比は比べ物にはならないでしょうが困窮している老人にも目をむけていただきたいです。
    今の時代老人とは何歳からを言うのでしょうか?
    私の周り70歳以上の方がほとんどですが、まだまだ現役で働いておられます。
    その大事な税金、無駄に使って欲しくはないです。
  • 2021年12月NEW
    セレモニートーリンでは、J:COMでもおなじみの富山社長が毎日の出来事をブログ更新致しております。葬儀業界に殴り込み!正直に誠実に!トーリンのことをもっと身近に感じていただけることが私どもの励みになります。ユーザー様のお時間ございましたら、どうぞご覧ください。→ブログはコチラ

様々な宗派・斎場に対応いたします